派遣会社の嘘と本当

若者(10代後)の大腸がんを発見

私が病院で超音波の検査をしていた時の経験です。
その時は午後の患者さんも落ち着き、後は帰る時間を待つだけという状態でした。
その時、医師から電話があり、外来患者さんの超音波検査を依頼したいので、帰宅しない様にとの事でした。
強い男になりたいあなたは仮性包茎治したい一見の価値あり。
検査伝票が手元に届き、内容を確認すると、患者さんは10代の男性で、症状は便秘でした。
通常、便秘で超音波検査をしても原因がわかる事はないので、少し驚きました。
そして、患者さん本人を見て、もっと驚きました。
やせて顔色が悪く、症状はとても深刻に思われました。
誰に相談したらいいのかわからない方はここ→こちらをご覧ください。
私が検査を担当し、検査中に患者さんから1週間前に他院にてCTを受け、ただの便秘と診断され、便秘薬を処方されたが飲んでも便通がない、超音波検査で原因がわかるのかと聞かれました。
その場ではお返事をする事はできなかったのですが、超音波検査で大腸がん(直腸がん)が発見されました。
癌により便通が阻害され、大腸はパンパンになっていました。
そして、周囲のリンパ節転移もあり、かなりひどい状態でした。
当然、CTでも写るはずの大きさだったのですが、前医では見落とされたようです。
自信を取り戻したい!そんな時は包茎手術 費用が安いこれです!