派遣会社の嘘と本当

AGAになってしまった友人の話

 私の友人はAGAになってしまったとき、とても落ち込んでいました。その友人は私と同い年で同級生なのですが、昔から自分の毛髪量を誇りに思っており、ファッション的にもとても重要だと考えていました。しかし、30歳を過ぎたあたりから徐々にその毛髪量が少なくなっていき、ついにはAGAになってしまったという経緯です。
お悩みの方はAGA 大阪こちらまで

 

 もともと毛髪量が多かっただけに、AGAになってしまったというショックは大きく、しばらくは立ち直れない様子でした。そんな友人を見かねた私は、友人にAGAを治してくれるクリニックを紹介してあげました。以前に私の父がAGAになってしまい、そのときにかかったクリニックです。
心配な方はAGA 福岡相談しよう

 

 友人は最初そのクリニックに対して半信半疑でしたが「何もしないよりかは良いか」と考えたのか、クリニックに通うようになりました。今でも継続して通っているようなので、どうやら前向きにとらえてくれているようです。

 

 ですので、これからその友人のAGAが治ることを祈っています。